☎ 0120-987-660
Flat-Phone お問い合わせ電話番号

クラウドCTI連携 – CTI連携が可能なクラウドPBXサービス

クラウドCTI連携 – CTI連携が可能なクラウドPBXサービス

クラウドPBX Flat-Phoneは各社のCRMとクラウド CTI連携機能を提供いたします。 SalesforceZendesk、ZohoCRMなどのCRMとクラウドCTI 連携や、その他のCRMとのCTI連携がクラウドPBXを利用することで低価格で実現できます。また、クラウドPBXの機能である自動通話録音、ACD、IVRなどのクラウドCTIコールセンターシステム機能を、クラウドPBX で利用することで、各社CRMの特徴を損なうことなく、初期投資を抑えクラウドPBXを利用したクラウドCTI コールセンター、ヘルプデスク、問い合わせ窓口の開設が可能です。

クラウドCTI連携について

着信ポップアップとは

クラウドPBX Flat-Phoneが着信時にCRMの顧客情報を表示するためのクラウドCTI機能。着信時にCRMの顧客情報をスムーズに確認が出来るため、コールセンターのような電話対応の効率化がクラウドCTI連携により可能となります。

クラウドPBX Flat-Phoneの着信ポップアップは着信時に、相手電話番号をCRMに通知する仕組みで、該当する電話番号の顧客情報をブラウザ上に表示します。その後、CRMの顧客情報を見ながら電話が出来ますので、正確な情報を顧客に伝えることが出来たり、詳細な内容を記録することも出来ます。また、CTI機能を利用してコールセンターのような、自動通話録音やIVRやACDによる受信業務の最適化も可能です。

Salesforce CTI連携 着信ポップアップ参考動画

Flat-PhoneのSalesforce CTI連携は、着信時に電話番号の情報をSalesforceに通知し、該当情報をポップアップします。着信時に素早く会社名や契約情報などの情報を確認ができ、業務効率化や顧客満足度の向上を行うことが出来るクラウドPBXサービスです。

クリックコール発信とは

クラウドPBX Flat-Phoneのクリックコール発信は、CRM上の電話番号をクリックすることで発信できる機能。掛け間違えの防止や、素早い発信が出来るため、コールセンターのような発信業務の効率化が出来ます。

クラウドPBX Flat-Phoneのクリックコール発信は、ブラウザで電話番号のリンクをクリックすると、電話番号の情報がソフトフォンへコピーされ、通常の発信と同じ操作で発信が出来ます。通話はクラウドPBXの機能で処理するため、通話録音や、パーク保留なども可能です。また、電話帳の代わりとしてCRMも利用できますので、電話帳の統合なども容易に可能です。

Salesforce CTI連携 クリックコール発信参考動画

Flat-PhoneはSalesforceの顧客情報画面から電話番号用のリンクをクリックすると自動的に発信します。Salesforceの顧客情報を確認しながら発信することにより、的確な顧客対応を行うことができ、スムーズな顧客対応を実現するクラウドPBXサービスです。

クラウドCTI連携の特徴とメリット

クラウドCTI連携の特徴

  • SalesforceZendeskEC-CUBEなどの多くのCRMとのCTI連携が可能。
  • 番号ポータビリティにより現在の電話番号を継続利用が可能。
  • 着信ポップアップやクリックコール発信が可能。
  • 通話録音やパーク保留、IVRなどクラウドPBXの機能を利用することが出来る。

クラウドCTI連携を導入メリットがある企業

  • CRMを導入している企業。
  • フリーダイヤルなどでお客様窓口を運用している企業。
  • Web電話帳とCRMを併用し、顧客管理が煩雑な企業。

クラウドCTI連携についてよくあるご質問

  • クラウドCTI連携とはなんでしょうか?

  • Flat-PhoneとSalesforceZendeskなどのCRMが連携し、電話業務を効率よくする仕組みです。着信時にお客様の情報をポップアップしたり、電話番号をクリックして発信することが出来ます。

  • クラウドCTI連携には追加費用が必要ですか?

  • 標準機能として提供しており追加費用は必要ありませんが、CRMによってはWebAPIを利用できる追加契約が必要ば場合がございます。

  • 自社開発のオリジナルのCRMでも利用可能でしょうか?

  • 多くの場合は利用可能ですが、検証が必要になりますのでお問い合わせください。

  • スマホ内線化や固定電話機とクラウド CTI連携の併用は可能でしょうか?

  • 可能ですが、クラウドCTI連携はソフトフォンを利用しますのでCRMの表示はPCで行うことになります。

  • Macでもクラウド CTI連携は可能でしょうか?

  • 可能です。Macの場合はブラウザフォンを利用してクラウド CTI連携が可能です。

クラウドCTI連携機能

クラウドCTI連携機能
Salesforce CTI連携 Zendesk CTI連携
GoogleContact CTI連携 Zoho CRM CTI・電話連携
EC-CUBE CTI連携 Sugar CRM CTI連携
クラウドCTI連携機能・コールセンター機能
IVR機能(自動応答機能) ACD機能(キューイング機能)
待ち呼/あふれ呼機能 全通話録音機能(オプション)
通話レポート機能(オプション)  クリックコール機能

クラウドPBX Flat-Phoneの機能一覧はこちら >>

(関連ページ)

クラウドPBX機能


クラウドPBX Flat-Phoneのメイン機能。従来のPBXやビジネスフォンをクラウドPBXにリプレースする際に、問題になることが多いパーク保留を実装しており、従来と同じPBX機能をクラウドPBXで提供することが出来ます。

スマホ内線化機能


クラウドPBX Flat-Phoneは専用アプリでスマホ内線化に対応しています。docomo、au、Softbankが提供するAndroidやiPhoneに対応しており、外出先からでもスマホで内線通話が可能となります。

ユニファイドコミュニケーション機能


クラウドPBX Flat-Phoneはソフトフォンを利用しユニファイドコミュニケーション機能を提供します。プレゼンス表示やチャット、ボイスメール機能など提供し社内外でのコミュニケーションツールとして利用できます。

各社の商標または登録商標
SalesforceはSalesforce.com,Inc.の登録商標です。GoogleContactsはGoogle Inc.の登録商標です。ZendeskはZendesk Inc.の登録商標です。ZohoはZoho Corporarionの登録商標です。EC-CUBEは株式会社ロックオンの登録商標です。

クラウドPBX スマホ内線化 Salesforce CTI連携 インバウンド 越境EC対策に対応

☎ 0120-987-660
Flat-Phone お問い合わせ電話番号
Exit mobile version